わきが治療は何科に行く?どんな方法があるの?手術費用は?

周りの人が鼻をすする。もしかしたら、ワキガかもしれないし、違うかもしれない。もやもやと悩んで生きていくのが苦しくなることも。そんな時は、是非プロの診断と治療を受けてください。不安があっても、どんな治療があるのか、知ることで希望が出てくることでしょう。何科に行くかや、治療の内容などご紹介します。

スポンサーリンク




わきがの治療は何科?

まず、あなたが本当にワキガかどうかを診断してもらうことがとても大事ですね。ワキガかどうか、自宅で診断する方法もありますが、自信がないなら、プロに任せましょう。

脇汗の臭いの原因はワキガ?自己診断とチェックで簡単にわかる!

中には、本当は臭っていないのに、精神的に臭ってしまうことも。客観的な診断をしてもらいましょう。

何科に行けばいいのか、出だしから迷いますね。

皮膚科

皮膚科がもっとも普段から身近にあるので、行きやすいですね。皮膚科では、診断と投薬による治療がメインになります。

皮膚科で受けられる手術は剪除法がほとんどです。決して大きな手術ではないのですが、執刀医の技術が大きくものをいいます。皮膚科でのワキガ手術は決してそこでのメインの治療ではないので、手術件数も少なく経験不足が心配されます。

 

皮膚科は、行き易いということと、薬による治療も受けやすい、ということで、まず最初に行くにはよいでしょう。

 

形成外科・美容形成外科

皮膚科よりも、形成外科・美容形成外科のほうが、より多くの治療のオプションが選択できます。注射から保険適用範囲の手術、それ以上のものまで幅広く扱っています。

ワキガをメインに扱う所も多いので、相談にも乗ってくれやすいのも安心な所です。行く際に、保険適用かどうかを調べてから行くとよいでしょう。

また、これらの科では、注射または、手術による治療が前提になりますので、投薬による治療を希望するなら、皮膚科を受診し、それ以上の治療をしたい時に形成外科を受診するのがいいでしょう。

どの病院に行くか、よく調べてから行くようにしましょう。同じ手術でも、ドクターの技術次第で、全然効かないこともあれば、臭いから開放されることもあるのです。

 

クリニックでは、あなたの話をきちんと聞いて、納得の行く説明をしてくれるところで治療を受けましょう。信頼関係が治療効果にも影響しますよ。納得のいくクリニックに巡りあうまで、妥協はしないでくださいね。

 

切らないわきがの治療の方法は

皮膚科で多く処方される外用薬は、塩化アルミニウムが配合されています。塩化アルミニウムには、制汗とデオドラントの作用がありますので、軽度のワキガに有効です。

塩化アルミニウムは、市販の製品にも入っているので、ワキガ診断をしてもらったら、あとは市販品でも対応できる、ってことですね。

わきがのデオドラントを海外では?オーガニック系や食事改善も

子供の腋臭の対策は?デオドラントは身体の内外から!手術は?

 

塩化アルミニウムは、かゆくなることもあります。ひどいときには、早めに皮膚科を受診することが必要です。

 

 

内服薬は、臭化プロバンテリン(プロバンサイン)がメインです。これは、汗を出す物質の分泌を抑える作用があります。ただし、副作用として、目の調節作用障害や、口の乾き、排尿障害もありますし、他の薬との飲み合わせもあるので、注意が必要です。

 

ボトックス注射も近年保険適用になり、受けやすくなりました。

ボトックス注射は、個人差もありますが、有効期間が半年から一年です。打って1週間ほどで、効果が出てきますので、複数回受診して、効果を確認し、足りないところは再注射します。

何箇所も注射するので、痛みが不安でしょうけど、チクチクする程度であまり痛くはない、という評判です。

某大手クリニックでのボトックスの様子です。素早いですね~。

 

注射だけなので、実施後もダウンタイム(日常生活が送れるようになるまでの期間)も短くてすみます。また、跡が残らないのも魅力ですね。

 

ワキガはとてもデリケートで、以上の治療で効果がある人もいれば、効かない人も確かにいます。そんな時は、手術も視野にいれることになります。

スポンサーリンク





わきが手術の費用は?

ワキガ手術の費用は保険適用なら、2,3万円からありますが、保険適用外なら、40万円ほど、と範囲がとても広いんです。しかも、一度で終わればいいのですが、二度三度と繰り返すこともあるので、人によっては100万円もかかることも。

 

まず、そのクリニックが保険適用かどうか、で分かれます。皮膚科や形成外科では、保険適用が多いですが、美容外科だと、保険診療を行っていないことも多いです。事前に調べることが必要です。

 

手術には、多くの手法がありますが、その中で保険適用なのが、「剪除法」です。これは、脇の皮膚を切り、中を直接見ながらアポクリン腺を摘出する方法です。この他にもマイクロウエーブ法、吸引法なども本来保険適用ですが、これらの方法を保険適用にしている医院はあまりありません。採算の問題ですね。。。

 

さて、剪除法でも、保険適用にするかどうかは、ドクターの判断に委ねられます。あなたの症状が保険適用かどうかドクターが判断するわけです。

そこで、保険適用になればいいですし、ならないこともあります。臭い判定は数値ではないので、他のドクターなら保険適用になることもあります。納得が行かない時は複数のクリニックをあたってみてください。

 

まとめ

ワキガは、とてもデリケートな問題で、独りで悩まれる方がとても多いです。まずは家庭でできるデオドラントをやってみて、効果がなければ、クリニックに行ってご相談されるのが、最短で楽になる方法です。

精神的にも追い込まれることが多いので、あまり悩まず、行動されることをおすすめします。

スポンサーリンク




コメントを残す