さつまいものお菓子を子どもと一緒に作ろう!簡単でヘルシー

幼稚園のお芋掘りから満々の笑顔で返ってきた娘。さて、一緒にさつまいもで美味しいお菓子を作ろう!一緒に作れば、嬉しさ倍増、いっぱい食べてくれますね。小さい子供さんも一緒に作れて、ヘルシーなレシピをご紹介します。

スポンサーリンク




さつまいものお菓子をこどもと一緒に

今回ご紹介しているさつまいものお菓子のレシピは、お芋掘りに行ったお子さん=幼稚園児がおかあさんと一緒に作れるものです。

普段食が細いお子さんでも、自分で掘った芋で自分で作ったお菓子なら興奮して食べることでしょう。(娘がそうでしたらから)

お子さんと一緒に作るということで、ポイントを。

お芋を蒸すことが多いので、熱くなります。温度の様子をみてあげてくださいね。お子さんが参加しやすいのは、生地が程よく冷めて成形する段です。

園児でも子供用の包丁なら扱えます。でも、お芋を切るのは固くて、危ないですね。切ることも経験させたいなら、薄っぺらく切りやすい形にお母さんが整えてあげてくださいね。「猫の手」で押さえるんだよ。って教えながら出来るといいですね。

お菓子の材料は、基本、牛乳、砂糖、はちみつ、きなこ、バターなど。基本を表示していますが、抜いたり、減らしたりは自由にやってみてくださいね。味見をするのが一番だと思いますよ。

どのレシピも蒸し芋からスタートです。芋を電子レンジで美味しく蒸す方法は、ラップをして、最初600wで加熱して、200wに落として、じっくり加熱です。詳しくはこちらの記事で。

この方法で蒸すと、断然甘さが違いますので、砂糖の分量は味をみて減らしてくださいね。

さつまいものお菓子ヘルシーレシピ集

では、いっきにご紹介していきますね!

トップバッターは芋餅。

いももち

さつまいも  適宜
砂糖     適宜 味見して加減してください
きなこ  適宜

さつまいもは電子レンジで柔らかく蒸します。柔らかくなったら、熱いうちいよく潰します。砂糖をまぜます。

手で、適当な大きさに丸めます。

ボウルにきな粉をいれ、丸めた芋を入れ 転がします。手で転がすよりも、ボウルごと揺すると綺麗につきますよ。

これを応用して。

材料に牛乳を追加。砂糖は、お餅本体に入れずに、きなこと混ぜます。

砂糖を混ぜるときに、牛乳も少量ずつ混ぜます。このとき、柔らかくし過ぎないように注意。

砂糖と混ぜたきなこをまぶします。きなこの他に、ココア、シナモンも合いますよ。

芋巾着

これ、芋餅とほぼ一緒ですが、仕上げが違います。適当にやってもだいたい成功。バターとかいれなくてもさっぱり美味しい!(もさつくけど)

材料 (だいたい15,6個分)

サツマイモ  中3本くらい
バター    40g
蜂蜜(砂糖) 大さじ5(砂糖の場合30g)
塩大さじ1.5

さつまいもは皮を向き、輪切りにして、水にさらします。

水を捨て、新しい水(ひたひた)と塩をいれゆでます。竹串がスーッと通ったら、火からおろし、余分な水を捨てます。

バター、蜂蜜(砂糖)を入れて芋を潰しながらまぜます。

用意したサランラップの真ん中に適当な量をのせ、端からくるくると巾着絞りをします。

*これは、芋を多めに使うので、レンジで「ちまちま」蒸すよりも、鍋でどーんと一度に茹でたほうが楽です!

定番中の定番!スイートポテト

レンジで甘く蒸せたら砂糖はいらないかも!

材料 (5〜6個)

さつまいも中1本
バター   10g
はちみつ 小さじ1 (甘い芋なら要らないです)
牛乳  大さじ1 (硬さの調節用。もっといるかも)
塩少々

仕上げに黒ゴマ (なくても)

作り方

さつまいもをよく洗い、ラップにくるんで柔らかくなるまでチンします。甘くするには、最初の1分は600w。200wに落として、15~20分加熱。

さつまいもの皮をむきます。熱いですよ。やけどに注意!

柔らかくなったら熱いうちにバター(砂糖)塩を加えフォークかマッシャーで潰します。甘いさつまいもになるので、砂糖はいらないかも。ここで味見して砂糖の量を決めてくださいね。なるべく入れないほうがいいですからね。

牛乳を少しずつ加え、成形できる位のなめらかさにします。柔らかくしすぎないように。

一口サイズに丸めて、黒ゴマをトッピング。トースターで焼色が付くくらいに焼きます。様子を見ながら調節してくださいね。

バター焼き (ほぼスイートポテト)

上のスイートポテトのバターをいれないで生地を作ります。作り方は同じ。(1~4)

フライパンにバター大さじ1を熱して、両面こんがり焼きます。仕上げに黒ゴマをまぶすと更に美味しい!

スポンサーリンク





さつま芋のヨーグルトケーキ

さっぱりしたスイートポテトのようなしっとりしたケーキです。冷やすとウンマイ!

材料 (直径15㎝の丸型)
さつまいも 中1本
はちみつ   大さじ1
豆乳又は牛乳 100cc
ヨーグルト150g
レモン汁小さじ1
薄力粉80g
ベーキングパウダー 3g
お好みでレーズン

オーブン 180℃に余熱

さつまいもをよく洗って、適当な大きさに切り、ラップをしてレンジでチン。柔らかくなったら、皮をむきます。熱いのでやけどに注意!

温かいうちによくつぶしはちみつを混ぜます。

ボウルに移し、ヨーグルト、レモン汁、豆乳(牛乳)を混ぜます。

薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけてゴムべらでさっくり混ぜます。混ぜすぎると重くなるので注意。

クッキングペーパーをしいたケーキ型に生地を流し、オーブンで40分焼きます。竹串をさしてつかなかったら出来上がり。

ママ(パパ)が作るヘルシーお菓子

ヘルシーで簡単だけど、お子さんと一緒に作るのはちょいと難しいお菓子です。

ホイル焼き

りんごがトロ~リ。さつまいもがこんなに甘くなるとは!よく秋に母が作ってくれました。思い出の味。。。

さつまいも
りんご
レーズン

レモン汁 少々
お好みでシナモン

りんごとさつまいもは、1センチ角の角切りにします。ホイルを大きめに用意して、中央にさつまいもとりんご、レーズンをのせ、レモン汁をかけて包みます。

オーブントースターで10~15分位焼きます。

他に、さつまいものプリンや、パウンドケーキも。。。

まとめ

似たようなレシピでもちょっと作り方を変えるだけで、目先が変わりますね。いろいろ楽しんでくださいね。

さつまいもをおかずにしたいときは・・・
さつまいもでダイエットもしたいときは・・・

スポンサーリンク




コメントを残す