生乾きの臭いは取れない?煮沸は?究極の取り方な簡単だった?

主婦にとって、長雨の季節は、洗濯物の臭いに悩まされる季節でもありますね。生乾きの臭いは一度付いてしまうとなかなか取れなくて、もう捨てるしか無いか!と半ば絶望的な気分になります。我が家でもご多分に漏れず、長年苦しんできました。が、遂に、ベストな答えを見つけたのです!洗濯物の臭いの取り方は意外と簡単でした!

スポンサーリンク




生乾きの臭いは取れない?

4a41e1d68d64c94190e2575c0c0b3013_s

洗濯物を雑巾化させるあの嫌な臭いのもとは、雑菌なんです。洗っても取りきれ
皮脂や汗などの汚れ水分温度の3つの条件が重なると、雑菌が大繁殖してしまい、あの嫌な臭いが出てくるのです。まさに、梅雨や秋の長雨時はこの条件にはまりますね。

 

これから、管理人が生乾きの臭いをどうやって実際に対策したかを、順にお話しますね。前提として、家族5人分の洗濯をお風呂の残り湯を洗いと1回めのすすぎに使っています。

そのせいか、タオル類はすぐに薄ら汚れてしまいます。また、しっかり干しても一度使うと嫌な臭いが復活してしまう状態です。

速乾性のシャツなどは、大丈夫だけど、綿のTシャツだと、一度汗をかくと雑巾臭が出てしまい、洗っても全然取れないんですよね。夏は雑巾を着ているみたいになってしまいます。

 

家族のクレームもあり、対策その1をしてみました。

  1. 室内干し用の洗剤と酸素系漂白剤を併用
  2. 仕上げの柔軟剤も香り付きのものに

結果は。。。惨敗

 

長年蓄積してきた雑菌どもには、歯が立ちませんでした(泣)

 

洗濯物の臭いは煮沸と漬け置きで取れたか?

漂白剤や室内干し用の洗剤では変化がなかったので、今度は漬け置きをしてみました。

対策その2 浸け置き洗いの方法と結果

  1. 洗濯洗剤は温度が高いほうがより強く働くので、お風呂の残り湯を使って一晩漬け置き。
  2. 翌朝洗濯機を回す

因みに、漬け置き時間は3時間以上がいいのですよ。相変わらず洗いと1回めのすすぎは風呂水を使っています(そこのところは譲れない)

結果

浸け置き洗いをして、前よりも明らかに臭いが改善しました。ある程度の効果はあったんです。

しかし、タオルは次第にくすむようになり、臭いも少し残っています。また、天気が悪く、1日で乾かない時は雑巾臭がしちゃうんですよ。それに、汗の季節は相変わらず雑巾Tシャツになってしまいます。それでも、前よりも随分良くなったんですよ。

 

改善はされましたが、あまりに臭くなったTシャツやタオルはたまに煮洗いをすることにしました。煮洗いとは、石鹸で洗濯物を煮る洗い方です。

対策その3 煮洗いの方法と結果

  1. 大きいお鍋にたっぷりの水をいれ、石鹸を入れます。
  2. よくかき混ぜて溶かします。この時泡がよく出るくらいの量に石鹸を調節します。
  3. 洗濯物をいれ、火にかけます。
  4. 沸騰するまで中強火。菜箸などでかき回してくださいね。鍋底に触っている部分が焼けてしまうことがありますよ。
  5. 沸騰したら、ふつふつするくらいに火を弱めます。そのまま15分煮ます。たまにかき混ぜてくださいね。
  6. 終わったら、絞って洗濯機にいれて他のものと一緒に洗濯します。

事前に洗濯物表示を見てください。獣毛、化繊は熱に弱いので避けてくださいね。

結果

スッキリと綺麗になります。手触りもさらっと変わります。ただ、くっきりとしたしわができるのが難点です。綿の下着や普段使いのシャツには最適な方法です。

ただし、面倒です。

15分間は離れずに見ていないといけません。吹きこぼれるし、かき混ぜないといけないし、なかなか面倒です。しかも、洗濯物をいれても多少余裕があるかなり大きなお鍋がないと実行できません。

しかも、煮洗いは、できない服が多いです。

熱に弱い化繊だけでなく、綿でも繊細なものは不可ですしね。あと、色落ちが心配なものも出来ません。

もっといい方法はないか?探してみました。

180994

そして、ついに。。。

スポンサーリンク





洗濯物の臭いの取り方は実は簡単だった?

面倒でもなく、服にダメージも与えず、しかも、臭いが無くなり、くすみもなくなる。こんな理想的な洗濯の方法はないか?と探していたら、やっと見つけたんです!

ミョウバン洗濯。

ミョウバンの水溶液を使う方法です。ミョウバンは漬物の色を良くする薬剤で、スーパーでも簡単に手に入り、一袋100円ほど。

対策その4 ミョウバン洗濯のやり方

材料

  • ミョウバン  50g
  • 1.5Lペットボトル 1本
  • 水       1.5L

やり方

  1. ミョウバン(焼きミョウバンでOK)を1.5Lのペットボトルにいれ、水を入れます。
  2. 少し振ってから一晩置きます。すぐには溶けないので、水が濁り、水面にミョウバンが浮かびます。
  3. そのまま一晩置いておきます。
  4. 翌日、完全に溶け、透明になったものがミョウバン水(原液)です。保存は冷蔵庫で1ヶ月です。
  5. この原液を洗濯の最後に20~30cc入れるだけ!全自動洗濯機なら、柔軟剤と一緒に入れておけば、OKです。

結果

臭わない!

実験時は梅雨時で、うまい具合(?)に高温多湿、雨模様で、一晩では乾かない状態です。でも、臭わない!タオルに顔を突っ込んで嗅いでみると、洗剤の爽やかな臭いがするだけです!

しかも、1回しか洗濯していないのに、タオルの色が白い!気のせいか?とも思ったのですが、他のものと比べてみても確かに白くなったんです。模様もくっきりしました。

恐るべし、ミョウバン水\(^o^)/

まとめ

洗濯機をドラム式に変えてから、洗濯物が臭うようになったんです。それから、9年ほど、苦しんできました。

ですが、ようやくミョウバン水に出会えてあの臭いから開放されました。「こんなに簡単で、安価で、しかも効果があるなんて、もっと早く知りたかったです!」これが一番素直な感想です。

おすすめしますよ、ミョウバン水。是非お試しください!

スポンサーリンク




コメントを残す