にんにくの臭い消しで翌日スッキリ。即効でキムチの臭いも消す!

翌日に臭いが残ってしまうので、なかなか食べられないニンニク。臭くなければいいのに。でも、その強烈な臭いが健康効果そのものなので、臭い消しが翌日にも効果があるなら、気軽に食べられますよね。食べてすぐのデートも、翌日の接客もOKなニンニクの消臭術です。

スポンサーリンク




にんにくの臭い消しで翌日がスッキリに!

Romi / Pixabay

はっきりいって、食べてすぐのにんにくの臭いは、まだ、許せます。あれは、にんにくの臭いです。でも、翌日の臭いは、もはや別次元の体臭になっています。

 

にんにくの臭いは、食べてすぐから3時間後までの臭いと、一旦身体に吸収されてから、排出される臭いがあります。吸収されてからの臭いは、食べた量にもよりますが、16時間からなんと49時間も持続したという報告があるくらい長持ちするんです。

 

食べてすぐの臭い対策だけでは、不十分で、むしろ、翌日以降の臭い対策が必要ですよね。

こんなんじゃ、永遠にニンニクが食べられない!とお嘆きのあなた。対策をしっかり打てば、大丈夫ですよ。

翌日以降のニオイ対策には、食後の柿がイチオシです。

科学番組(*)で、柿が一番成績が良かったので、それから管理人宅では、柿の季節には安心してニンニクを食べています。確かに効果あります。
*確か、所さんの目がテン!

でも、柿は短い期間しか食べられないので困っていたら、皮付りんごも効果あり、という情報をゲットしました。後ほど検証します。

これからデートなのに、うっかりにんにく料理を頼んでしまったら、どうしましょ?

 

 

にんにくの臭いを即効ケア

tookapic / Pixabay

食べてすぐの臭いは、飲み物で対処しましょう。

食前に  牛乳

牛乳に含まれるタンパク質は、臭い成分のアリシンと結びつく働きがあるので、臭いを和らげます。

牛乳の消臭効果は、こちらの記事でも立証済みです。
にんにくの臭いが手についた!今家にあるもので即効消臭!

食事中に  緑茶・紅茶・ブラックコーヒー

これらの飲み物のポリフェノールが硫黄化合物と反応して、臭いを和らげます。

ただ、コーヒーに関しては、「全然効かなかった」、「コーヒーの臭いもプラスされ、余計変な匂いになった」、という報告もあります。しかも、にんにく料理を食べながらのブラックコーヒーって、どうよ?と個人的に思います。

この効果なしの懸念は、前述の記事のコーヒーの章にもあるとおりです。

この中では、食事中には緑茶が一番飲みやすいですね。にんにく料理を頼んでしまったら、一緒に緑茶も飲みましょう。

 

番外編(飲み物以外)

生米を噛む

食後に生米を噛む、という方法も見かけました。ただ、生米を噛むということができかねるので、検証していません。

(やってみた方、ご報告お待ちしております)

スポンサーリンク





キムチの臭いを消す実験をしてみた

domeckopol / Pixabay

ニンニクの臭いが食欲をそそる豚キムチを晩ごはんに食べて、翌日のニンニク臭がどうなるのか、テストしてみました。

 

やったこと

  1. 食前に 牛乳を飲む。
  2. 食事中は緑茶を飲む。
  3. 食後には皮付きりんごを半分食べる。

 

  • 食前の牛乳は、難なく飲み、早速豚キムチを食しました。
  • 食事をしながら、緑茶を飲むと、スーッと口の中がそれだけで爽やかになった感じがしました。食べながら、普段キムチを食べている時よりも自分が感じる臭いが少ないような気がします。
  • 残った牛乳も飲んでしまいました。牛乳は、昨日行った手についたニンニク臭を消す実験で素晴らしい成績があったので、ついつい、飲んでしまいました。
  • 食後には、りんごを皮付きで半分食べました。以上で実験終わりです。

 

感想

普段、ニンニクを食べた後、自分でもにんにく臭いな、という感覚はあるのですが、今回、食後にそういう感覚はほぼないです。

 

翌日の結果

うっすらニンニクを食べた様な感じがあるような、ないような、というレベルです。生活に支障はなく、娘も学校にて、OKの判定でした。

 

終わってみての感想

ニンニクを食べた感覚がないため、にんにく好きには物足りない感が否めません。因みに、翌日の晩ごはんも比較のため、ニンニクを食べました。今回は対策無しです。明らかに、対策をした時とは違う食後感でした。

よって、牛乳、緑茶、りんごの組み合わせは有効と太鼓判です。もオススメです。

 

まとめ

ニンニク臭って、食べた本人には、あまりわからないので、余計気を使いますね。しかも、健康成分ががニオイ成分だなんて。

臭いと上手く付き合って日々の生活に美味しくニンニクを取り入れていきたいものです。

スポンサーリンク




コメントを残す