足の臭いが取れない?確実に臭いを取る洗い方とケアで即解決!

足の悪臭。出先で靴をぬぐのは憂鬱になります。なんで洗っても取れないんでしょう?それは洗い方に問題があるかも。ちょっとしたコツとスペシャルケアで臭いは解決出来るんです!

スポンサーリンク




足 臭いはなぜ取れない?

足の臭いのもとは、足汗や皮脂、角質を餌に増える雑菌が出している物質です。だから、除菌とともに、足の皮脂や角質も的確に落とすことが必要です。

お風呂で毎日綺麗にしている・朝シャワーも浴びているのに臭いがするのは、足の汚れが落としきれていないから。また、皮膚や爪の間に入り込んでいる臭い物質が取れていないからです。

足を清潔すると同時に、靴のケアも並行して行ってくださいね。足が無臭になっても、靴が臭うと臭いが移って無駄になってしまいます。

靴の臭い取りはこちらの記事で。
パンプスの臭い取り!臭い予防と取り方は?消臭剤は自作出来る!

 

足の臭いを取る洗い方

d95fb90f3d165b0f9266e5fa4bbe2424_s

身体を洗う時、私もですが、多くの人は上から順で最後に洗いますね。これでは、洗浄成分がすっかり弱くなっているので、効果がありません。

足を洗うときは、新しく洗浄成分をつけてから洗いましょう。

ボディーソープは、洗い過ぎないように保湿成分などが配合されていますので、洗浄力が弱いのです。ミューズなどの殺菌作用のある固形石鹸や臭い対策の柿渋石鹸で洗いましょう。

よく泡立てたらで洗っていきます。

  • 指と指の間は特に念入りに。足の裏、かかと、くるぶしも(全体ですね。。)丁寧に洗います。
  • 爪の間には、雑菌や汚れがつまってしまうので、フットブラシなどを使って溝の中まで洗います。

一通り洗ったら、泡パックをしてみましょう。これだけでも臭いがしなくなった、という人もいます。

 

洗い終わったら、きちんとタオルで乾かしましょう。指と指の間は特に湿気が残りやすいので注意です。

 

これできちんと洗えました。清潔になりましたが、雑菌の餌のひとつ、角質もケアしましょう。見た目も綺麗になりますね。

 

角質ケアのやり方

角質ケアは強くやり過ぎると、皮膚が細かく傷つき、却って菌が繁殖しやすくなるので、やり過ぎは厳禁です。週に1度程度にしましょう。

お風呂の中で

お風呂でじっくりと足をふやかします。プールで手がしわしわになる感じです。

次に洗い場で、手で足をこすってみましょう。ボロボロ出てきますよ。こすったら、やさしく洗い流します。この時は、ボディーソープでいいでしょう。

 

お風呂の外で

ヤスリを使うときは、お風呂あとの乾いた足にしましょう。濡れている足にヤスリをかけると深く削れてしまい、傷のもとです。

角質をとるときは、一方向に動かします

スポンサーリンク





足の臭いを解決する

足が清潔になれば、ほぼ臭いのトラブルは解消します。ですが、キチンと洗ってもまだ微量の菌や汚れが残っているかもしれませんね。

そこで、スペシャルケアを取り入れてみましょう。

重曹

evitaochel / Pixabay

evitaochel / Pixabay

消臭に優れる重曹は、万能選手ですね。

足を洗ったら、洗面器にお湯を張り、大さじ1程度の重曹をいれ、足を中で再び洗います。毎日のお風呂で行ってください。足湯でもいいですよ。

 

evitaochel / Pixabay

臭いがあるので苦手な方もいますが、酢も効果的です。重曹と同じように洗面器にお湯を張り、200ccほどのお酢を入れます。足を15分ほどつけておき、軽くゆすいで終わりです。

 

竹酢液

3e4076753b69244a87e2d7e1f9222419_s

竹酢液は竹を燻した燻液です。独特の燻した臭いがきついので、苦手な方も居ると思います。でも、効果は強いですよ。

水虫にも効果があり、殺菌に優れます。

 

使い方はお酢と同じです。洗面器にお湯を張り、大さじ2杯の竹酢液をいれます。そこに足を15分つけ、後は流します。

 

直接スプレーする方法もあります。原液をスプレー容器に入れ、足に直接スプレーして、10秒ほどよく揉み込みます。その後洗い流します。

 

まとめ

臭いがするということは、汚れが落ちきっていないということですね。毎日のお風呂でケアすることで、臭いは確実になくなっていきます。

足のケアと並行して靴のケアもお忘れなく

また、靴の履き方にも気をつけてくださいね。これは、次回に続きます。

スポンサーリンク




コメントを残す